埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県などで債務整理をお考えの方はご相談ください

債務整理相談センター

無料相談受付中

お問い合わせはお電話にて承ります。0120-905-268

債務整理入門

債務整理とは

最近、テレビや広告等で債務整理という言葉は良く耳にされるかと思います。
では、債務整理とはいったい何なのでしょうか?
その名のとおり『債務を整理』すること。つまり『借金を整理』することです。
『借金を整理』する方法の代表的なものとして、任意整理、自己破産、個人再生の3つの手続きがあります。
また、払いすぎた利息を取り戻す方法として過払い金返還請求があります。

 

どの手続きをとるにせよ、ご依頼後、司法書士が『受任通知』というものを借入先に送付します。
受任通知到達後は、司法書士が間に入り、返済は一旦ストップし、借入先からの請求もストップさせます。
その間に、司法書士が借入先と交渉し、手続きを遂行していきます。

任意整理とは

『任意整理』とは司法書士が貸金業者と和解交渉することにより借金を整理する方法です。
この手続きは裁判所を通しません。
司法書士が直接交渉することでどのような効果があるのか?
以下のような効果が望めます。

1.借金の減額

法律上定められた利息よりも高い利息(15%~20%以上)を毎月支払っていた場合は、 取引開始時にさかのぼって、それを超える利息を元金に充当することにより借金を減額します。

2.利息カットで3~5年の分割弁済

減額後の残高を分割(3~5年)で支払うことで和解することが一般的です。
原則、利息をカットして分割弁済するよう交渉します。

3.過払い金が発生している可能性がある。

法律上定められた利息よりも高い利息(15%~20%以上)を払っていた場合、支払う必要がないにも関わらず、返済をしていた場合があります。 その場合は過払い金として手元に戻ってくる可能性があります。

任意整理について詳しくはこちら

過払い金とは

『過払い金』とは、本来支払う必要がないにも関わらず、貸金業者に対して支払いすぎたお金のことです。
借入期間が5~7年以上で利息が20%を超えている方は過払い金が発生している可能性が高いです。
払いすぎたお金がいくらあるか計算し、和解交渉もしくは訴訟を起こすことにより貸金業者から取り戻すことができます。

過払い金返還請求について詳しくはこちら

自己破産とは

『自己破産』とは裁判所に支払不能と認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらう手続きです。
自己破産をすると原則すべての借金を返済する義務がなくなりますので、毎月の支払に追われることなく、収入を生活費にあてることができます。
自己破産に対して、一般的にマイナスのイメージを持たれる方が多く、自己破産をしたら人生の終わりのように認識している方がいらっしゃいます。
しかし、自己破産は、一般的なイメージとは逆に、毎月の支払いから解放され、人生を再スタートさせる最も有効な手続きと言え、国が法的に認めた手続きです。
多少のデメリットはありますが、人生を再スタートさせることができるというメリットの方が断然大きいのではないかと思います。

自己破産について詳しくはこちら(自己破産埼玉相談センターへ)

個人再生とは

『個人再生』とは、裁判所を通し、住宅等の高価な財産を維持しつつ、5分の1程度に借金を減額し、減額後の借金を原則3年間で分割して支払っていくという手続きです。
特に、個人再生の「住宅ローン特例」を用いる事によって、住宅ローン以外の借金を5分の1程度に減額し、マイホームを維持する事を希望される方が選択することが多い手続きです。

個人再生について詳しくはこちら

 

0120-905-268

フォーム、メールでのご相談は24時間にて承ります。
お問合せメールフォーム

ページトップへ戻る