借金のご相談なら債務整理相談センターにお任せください!

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目15番6号ビルトップ5階

アクセス
副都心線北参道駅
徒歩3分
受付時間
9:00~21:00

  お気軽にお問合せください。

0120-905-268

消滅時効のQ&A

 

Q:何年間支払いをしていなければ、時効になりますか?

A:5年以上支払いをしていないと時効の可能性が高いです。

借金は、弁済期又は最後の返済から一定期間が経過すると消滅時効となります。
消費者金融・信販会社・銀行は5年間経過すると時効となりますが、信用金庫からの借入れは10年となりますので注意が必要です。

 

Q:時効期間は経過していますが、督促が止まりません。

A:時効の援用をしなければ督促はとまりません。

消滅時効の期間が経過していても、こちらから消滅時効の援用(主張)をしなければ借金の支払い義務がなくなることはありません。消滅時効の援用をしてはじめて督促がとまることになります。

 

Q:借りた覚えのない債権回収会社から督促がきました。

A:債権回収会社に連絡をする前に当センターにご連絡ください。

長期間放置している借金は不良債権として貸金業者から債権回収会社等に債権譲渡されているケースが多いです。法的予告通知などのタイトルで督促してくることがありますが、焦って連絡をしてしまい、借金があることを認めたり、一部支払ってしまったりすると、時効が中断してしまいます。債権回収会社に連絡をする前に当センターまでご連絡ください。消滅時効の可能性もあります。

 

Q:時効期間が経過しているのに裁判を起こされました。

A:時効の援用をしなければ借金はなくなりません。

消滅時効の期間が経過していても、時効の援用をしなければ借金はなくなりません。貸金業者には請求する権利がありますので、裁判を起こしてくることもあります。訴状を放置しておくと時効が中断するおそれがありますので、放置せず、当センターまでご相談ください。消滅時効で支払い義務がなくなる可能性があります。

 

Q:督促状の連絡先に電話をしたら減額の提案をされました。

A:和解に応じる前に当センターまでご連絡ください。

督促状の連絡先に連絡をすると、大幅に減額した額で和解の提案をされることがあります。その場合、消滅時効が成立していて、時効の援用をすることで借金の支払い義務がなくなる可能性があります。債権者に連絡する前に、かならず当センターまでご相談ください。

 

Q:督促状の連絡先に連絡をした方がよいですか?

A:連絡をする前に当センターにご相談ください。

連絡先に電話をする前に、当センターにご相談ください。せっかく消滅時効が成立していても、借金があることを口頭で認めてしまったり、一部支払いをしてしまうと、債務の承認といって時効が中断してしまう可能性が高いからです。消滅時効が成立している場合は、速やかに消滅時効の援用をする必要があります。

 

Q:住民票を移したら督促がきました。どうすればよいですか?

A:連絡をする前に当センターにご相談ください。

債権者は住民票を追いかけることができます。住民票を移した途端請求が始まったというご相談はよくいただきます。その場合、消滅時効の援用をすることにより借金がなくなる可能性も十分にありますので、ご自身で対処される前に当センターまでご相談ください。