借金のご相談なら債務整理相談センターにお任せください!

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目15番6号ビルトップ5階

アクセス
副都心線北参道駅
徒歩3分
受付時間
9:00~21:00

  お気軽にお問合せください。

0120-905-268

任意整理のQ&A

 

Q:家族や会社に秘密にしたまま任意整理はできますか?

A:できます。

任意整理は裁判所を通さない比較的簡単な手続きです。同居の家族や会社に秘密にしたまま手続きをすすめている人がほとんどですのでご安心ください。

 

Q:任意整理のメリットは何ですか?

A:将来利息のカットができ、毎月の返済額が減ります。

将来利息をカットすることにより、毎月確実に借金が減ることになります。また、長期分割を組むことにより毎月の支払い金額を減額することができます。

 

Q:任意整理のデメリットは何ですか?

A:新たな借入が5~7年ほどできなくなります。

信用情報機関に異動情報が登録されてしまうことにより5~7年間は新規でのカード発行やローンを通すのが難しくなります。しばらくローンを組む予定がないという方は手続きを検討したほうがよいでしょう。

 

Q:任意整理をした債権者以外のカードも使えなくなりますか?

A:原則、使えなくなりますが、使い続けられる場合もあります。

任意整理は手続きをする貸金業者を選択することができるため、一部使いたいカードを手元に置いておくことができます。しかし、任意整理をすることにより信用情報に影響があるため、既に持っているカードも使えなくなる可能性はあります。任意整理の後も他社のカードに影響がでることなく使い続けられている方もいるため債権者次第ということになります。

 

Q:銀行のカードローンは任意整理できますか?

A:可能です。

銀行のカードローンも任意整理の対象となります。通常、銀行はローンについて保証会社をつけているため、任意整理を開始すると保証債権が保証会社に移ります。その後、保証会社との交渉となりますが、将来利息のカットや長期分割に応じてくれる保証会社がほとんどです。

 

Q:任意整理では何回分割支払まで応じてもらえますか?

A:36回~60回までの分割回数が可能です。

債権者にもよりますが、36回~60回の長期分割に応じてくれる債権者がほとんどです。債権者によっては60回以上の分割回数に応じてもらえる事もありますので、お客様の状況によっては72回や84回という和解交渉も可能です。

 

Q:任意整理後の返済はどのようにするのでしょうか?

A:和解書に記載の債権者の指定口座に振込で支払います。

任意整理手続きの最初の段階で、貸金業者のカードは返却してしまいますのでカードでの返却ができなくなります。和解交渉が成立すると和解書を作成しますので、和解書に記載される指定口座に毎月振り込みで返済することになります。

 

Q:任意整理の返済は依頼してからどれくらいではじまりますか?

A:通常、ご依頼から3~6ヶ月先になります。

任意整理のご依頼をいただくと、受任通知を発送してから、債権調査、和解交渉などを行う期間として3~6ヶ月の時間を要するため、その後に返済が始まることになります。

 

Q:住宅ローンや車のローンの返済はいままでどおりできますか?

A:今までどおりの返済が可能です。

任意整理は手続きをする債権者を選ぶことができますので、住宅ローンや車のローンを任意整理の対象からはずすことによって影響がでることなく今までどおり返済を続けることができます。

ただし、任意整理をしたいカードローンと車のローンの会社が同じ場合は同時に手続きをしなければならない債権者もいるため注意が必要です。詳しくはお問合せください。

 

Q:任意整理の途中で返済ができなくなった場合どうなりますか?

A:再和解もしくは債務整理の方針を変更することになります。

残念ながら、任意整理の和解後に返済を開始しても、転職や給与の減額等の様々な事情で返済ができなくなってしまうというケースもあります。
その場合は、再度、任意整理の交渉を行い和解をするか、もしくは債務整理の方針を変更し、個人再生や自己破産に切り替えるという方法で対処します。

 

Q:任意整理と個人再生の違いはなんですか?

A:個人再生は、裁判所を通して借金を原則5分の1まで圧縮する手続きです。

任意整理は長期分割(3年~5年)かつ将来利息をカットし、毎月分割で借金を返済していく手続きですが、個人再生(住宅ローン特別条項)は、裁判所を通して、住宅ローン以外の借金を原則5分の1までカットしてそれを3年~5年で返済することにより自宅を維持することのできる手続きです。
任意整理で長期分割を組んでも支払ができない人は、個人再生を選択し借金を大幅にカットすることにより、月々の返済を抑えるという方法もあります。

 

Q:任意整理と自己破産の違いは何ですか?

A:自己破産は、裁判所を通して借金自体をなくす手続きです。

任意整理は長期分割(3年~5年)かつ将来利息カットをし、毎月分割で借金を返済していく手続きですが、自己破産は支払不能の場合に、裁判所を通して借金自体をなくす手続きです。
生活状況や家庭の状況に応じて、支払可能であれば任意整理手続き、支払不能であれば自己破産手続きを選択することになります。

 

お問合せはこちら

受付時間:9時~21時(土日祝含)

0120-905-268