借金のご相談なら債務整理相談センターにお任せください!

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目15番6号ビルトップ5階

アクセス
副都心線北参道駅
徒歩3分
受付時間
9:00~21:00

  お気軽にお問合せください。

0120-905-268

消滅時効とは

消滅時効とは

消費者金融、クレジットカード会社、銀行系カードローンの支払いを延滞し、5年以上経過した場合は消滅時効が成立します。

その場合、こちらから時効の援用(主張)をすることによって借金の支払い義務が消滅します。

時効の援用をすることにより、以下の効果があります。

(1)借金の支払義務がなくなる。

(2)信用情報機関が回復する。

時効の中断について

以下の場合、消滅時効の援用が認められない場合があります。

(1)裁判上の請求

借金を延滞している間に、裁判を起こされていたり、支払督促が送られてきており、判決が確定している場合は、判決が確定してから更に10年経過しないと時効が成立しません。

(2)債務の承認

債権者から督促状が届いたからといって自分で連絡してはいけません。借金があることを認めてしまうと時効が中断します。和解書を交わしたり、少額でも返済をしてしまうと時効が中断してしまいます。